back number

2023-07-16
温めて、巡らせる「温巡活」。独自開発のふわふわ米ぬか酵素が、身体を活性

iodori

スクリーンショット 2023-07-16 9.38.34

静岡市の幹線道路である南幹線沿いに今年春に誕生した、米ぬか酵素温浴「irodori」。米ぬか酵素温浴とは、60~70℃に自然発酵した米ぬかに浸かり発汗を促す温浴法。米ぬかにはミネラルやビタミン類、酵素が豊富に含まれており、経皮吸収と温熱作用から、身体にとって様々な嬉しい効果が期待できる。とくに「irodori」の米ぬかパワーは格別。自家製の発酵液を使い、玄米と米ぬかに茶葉を加えて育てた米ぬか酵素で、サラサラふわふわ、特有の臭いも少ない。上質な寝具に包まれるような寝心地で、じっくりと身体の芯から温まる。15分程度の温浴でも大量の汗が噴き出し、運動をした後のようなリフレッシュ感が味わえる。浴室は個室タイプで、全室シャワーブースを完備。アメニティ類も充実しているので、手ぶらで来店できる。さらに、心身をリラックスさせ、血行促進を期待できるリンパトリートメントのメニューも用意している。温浴の前後に、心地よいリンパトリートメントを受ければ、より高い効果が得られるはず。血行不良からくる体調不良、冷房で身体が冷える、皮膚のターンオーバーを促してシミを薄くしたい、深いリラックス状態になりたいなど、様々な悩みを軽減したいというリピーターから支持されている「irodori」で、心身が整う「温巡活」を始めてみては?

 

○主なメニュー

・酵素温浴(入浴時間15分)所要時間60分ほど ……3300円

・酵素温浴+クイックリンパトリートメント 所要時間90分

(酵素温浴60分+リンパトリートメント30分) ……6600円

・酵素温浴+すっきりリンパトリートメント 所要時間120分

(酵素温浴60分+リンパトリートメント60分) ……9900円

 

iodori

静岡市清水区中之郷1-2-16

10:00~18:00

月曜定休

054-340-6933

irodori.info.mail@gmail.com

駐車場あり

完全予約制

https://irodori-spa.jp/

Posted in back number, No.61 | Comments Closed

2023-07-16
百花騒鳴

60. 神輿

スクリーンショット 2021-12-30 12.37.02

お盆になると、我が家は慌ただしくなる。毎年8月15日には、氏神様を担ぐ神輿が町内を渡御する。この神輿だが、我が叔父が地域活性のため、30年前に神輿会を立ち上げたことから始まった。今では町内行事となっているが、発起人である我が家は一族総出でサポートすることが習わしとなっている。静岡市内には、各神社の氏子衆で組織された数十年以上続く老舗の神輿会が数多くある。専門の職人たちが組み上げた立派で重厚な神輿を、これまた立派な専用の担ぎ棒に固定する。それを粋に法被を着こなした担ぎ手が「セイヤ」「サー」という特有の掛け声と足踏みのような独特の歩き方で調子を取りながら担ぎ、ゆっくりと進んでいく。人を載せることもあり、かなりの重量になることから、立派な神輿ほど威勢良くもゆっくりと進む。一方、我らの神輿会といえば、今でこそ小さいながらも専門職人が組み上げた本物の神輿を担いでいるが、立ち上げ当時は違っていた。製作者は、近所の手先の器用なおじさん。初代の神輿は、なんと屋根はペンキで補強した段ボール製であった。そのため、氏子たちは、天気を気にしながら練り歩く。夕立雲が現れ、ポツリと来ようものなら、神輿に被せるビニール袋の準備を始める。しかし、慌ててはいけない。凹みやすいデリケートな素材である。雨でペンキが滴り落ちることを心配しつつも、強い衝撃で破れないように神輿を守る。また、渡御にも工夫が必要だった。他団体の神輿は本体も担ぎ棒も重いが、こちらは軽さに定評のある段ボールであり、担ぎ棒もお世辞にも太くて立派とは言い難い。よって、非常に軽量な神輿であることから、気を抜けばウォーキングかと思うようなスピードで進んでしまう。野暮を絵に描いたような素人神輿であった。そんな私たちに、応援に駆けつけてくれる老舗団体の担ぎ手さんは、笑わいながらも「神輿の粋」についてあれこれと手解きをしてくれた。ここ数年はコロナ禍で中止となっていたが、今年は開催を予定している。30年前に野暮だった担ぎ手たちも、貫禄ある姿で町内を練り歩く。

 

今号も最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

次回は、草木がきらめく白露の頃にお会いいたしましょう。

Posted in back number, No.61 | Comments Closed

2023-05-18
大切な人を労わる、からだに優しい無添加ギフト

㐂商店
スクリーンショット 2023-05-18 12.16.35

「無添加はあたりまえ」をコンセプトに、オーナーが厳選した美味しいものを扱うセレクトショップ「㐂商店-ななしょうてん-」。オーナーの早川ナナさんは、菊川市の農家に嫁ぎ、6人の子を育てている母。「農家の嫁が、旦那の作った安心な野菜を多くの人に食べてもらいたい。自分たちが日ごろ食べている安全で美味しいモノを紹介したい」という思いで、オリジナル商品の開発も行っている。今回は、いつまでも健康でいて欲しい大切な人へ贈りたくなるギフトを用意した。「無添加調味料セット」は、醬油、こんぶとかつおの出汁パック、天然醸造味噌の詰め合わせが3,500円。醤油は、一年以上かけ発酵熟成させた木桶造りの天然醸造。出汁パックは、コンブ(北海道)とカツオ(静岡)を使い、「からだに優しいお出汁」に仕上げている。味噌は、国産大豆と自社生産米を使った天然醸造。「無添加スイーツセット」は、干し芋、豆菓子2種、㐂クッキーが入り3,500円。干し芋は、ねっとりと甘い品種べにはるかを使用。豆菓子は、奄美産の加計呂麻黒糖や、自然発酵のキビ酢をコーディングに使った栄養満点のお茶菓子。㐂クッキーは卵不使用。世代を問わずに楽しめるスイーツセットとなっている。

㐂商店

https://nanashoten.thebase.in/ 

静岡県菊川市半済885-8
TEL 090-2574-0025
営業時間 10:00~15:00
定休日 日曜・月曜・不定休あり
駐車場あり

Posted in back number, No.60 | Comments Closed

2023-05-18
韓国ドラマに登場する、本場の味を楽しむランチセット

焼肉酒菜 牛匠
スクリーンショット 2023-05-18 12.08.10

BGMにジャズの流れる、落ち着いた雰囲気の焼肉店「牛匠」。静岡のブランド牛「静岡そだち」の中でも、脂身の少ない、柔らかな肉質を選び仕入れているため、「肉の旨さが味わえる」と幅広い世代から支持を受けている。また、韓国での生活経験を持つオーナーが、現地の料理学校や、友人から習った本場のレシピと材料で作る韓国の家庭料理が人気。この春から、月替りのランチ「韓定食」を開始した。例えば、4月のメニューは、静岡そだち牛のプルコギをメインに、スープのスンドゥブチゲ、分葱とあさりのチヂミ、チャプチェなど数種のパンチャンが付いて2300円。プルコギは、擦りリンゴに一晩漬けた牛肉とニンニクを控えめにした自家製タレを合わせ、優しい味となっている。スンドゥブチゲは、肉の切れ端を何日も煮込んだスープに、アサリやエビを加えた奥深いスープ。チヂミは、韓国で美味いと評判の屋台の主人や知人にレシピを聞き、独自の配合にたどり着いたという粉と、たっぷりの野菜、卵が決め手。野菜の美味しさとモチモチ食感を同時に味わえる。どの料理をとっても、丁寧で、本場の美味しい家庭料理に仕上げている。定食は、1ドリンクオーダー制なので、生ビールやレモンサワー、スパークリングといった酒類も用意され、パンチャンをつまみに昼飲みもできる。席数が限られているため、昼も夜も予約が安心。

焼肉酒菜 牛匠
静岡市葵区北安東5-1-5
054-689-5635 

ランチ(火曜~土曜)11:00~13:30(L.O13:00)
ディナー 17:30~21:30(L.O21:00)

月曜・木曜定休、(祝日は営業の場合あり)
駐車場5台

https://www.instagram.com/gyusyo.shizuoka/

Posted in back number, No.60 | Comments Closed

2023-05-18
お湯にくゆらせ完成!美味しさを閉じこめた冷凍パスタ

サンシーフーズ

スクリーンショット 2023-05-18 12.02.38

煮物や炒め物、シチューといった惣菜の受託製造を主に行い、大手企業や、病院、介護施設などに納品している「サンシーフーズ株式会社」。特殊な急速冷凍の技術を有し、「できたての美味しさを、そのまま冷凍」できるとして、各社から厚い信頼を受けている。そんなサンシーフーズが、一般向けのオンラインショップを開設。現在は、人気メニューであるパスタ類をメインに販売している。冷凍パスタは、パスタの茹で湯に塩不使用で、小さな子からシニアまで安心して食べられる。1人前220g(1食110円・5食セット550円)とボリュームも十分で、準備も簡単。熱湯に20秒ほどくゆらせて解し、好みのソースとあえるだけ。ソースの一番人気は、ミートソース(320円)。合い挽き肉に、イタリア産のホールトマト、赤ワインで煮込んだ深みのある味わい。キノコクリーム(300円)は、丹那牛乳、国産キノコ、白ワインを使った大人のソース。この他、アマトリチャーナ(300円)やラタトゥイユ(300円)、ペペロンチーノ(230円)など素材にこだわったソースを用意している。塩分控えめで、素材の風味を大切にしているため、パスタソースだけでなく、グラタンやラザニアなどへのアレンジも可能。さらに、夏季には、清水のソウルフードといわれる、「桃園」の味を再現した「元祖なすそば」や、鹿児島県のうなぎの肝焼きなどの販売も予定している。詳しくは、ホームページでチェックを。

サンシーフーズ株式会社

静岡市清水区横砂南町9-22

054-366-1343

https://sunseafoods.jp/ 

Posted in back number, No.60 | Comments Closed

2023-05-18
百花騒鳴

59. 母の愛

スクリーンショット 2021-12-30 12.37.02

ある時、わが母は臀部に違和感を抱いた。デリケートな場所ゆえに、医療機関で受診することをためらっていた。しかし、自分の体に何が起こっているか確認したい。鏡で見てみようと、あれやこれやと体勢を変え試みるものの、思うように局部を見ることができない。そこで、母は一計を案じた。彼女の母(私の祖母)に、様子を見てもらうことにした。「お母ちゃん、ちょっとお尻見て」というと、おもむろに下着を下ろし四つん這いになった。祖母は、「どれ?」と母の臀部を覗き込んだ。その瞬間に、プーと一発お見舞いしたのである。祖母の前髪が、風圧でふわりと揺れる。一部始終を見ていた私にとっては、驚きと笑いが止まらない。一方、被害者の祖母は嫌がるわけでも、慌てるわけでもない。一言だけ静かに「これ~」と言うと、そのまま娘の臀部を見つめていた。当時、母も祖母も、「いい歳」であったが、親子の関係に年齢は関係ないのだと知った。我が子はいくつになっても、「可愛い幼い頃のまま」なのだと。私も、成人を過ぎた娘を持つ母となり、祖母の気持ちが分かる気がするが、放屁砲だけは遠慮願いたい。

 

今回も、最後までお読みいただきありがとうございました。次回は、花火の音の聞こえる夏季にお会い致しましょう。

Posted in back number, No.60 | Comments Closed

2023-03-26
春の澄んだ空気の中で味わう、美食と最高の一杯

星のや富士

スクリーンショット 2023-03-26 11.33.28

河口湖と富士山の雄大な風景と、森林の恵みを享受する日本初のグランピングリゾートである「星のや富士」。この春は、オリジナルの一杯を味わい、コーヒーの新たな魅力を発見する「コーヒーディスカバリー」のアクティビティを用意している。まずは、グランピングマスターのサポートのもと、焚き火で自分好みのコーヒーを焙煎する。使用するコーヒー豆は「猿田彦珈琲」の協力を得た、生豆をワイン樽に一定期間貯蔵して寝かせ、ワインの香りをまとわせたバレルエイジドコーヒー。生豆から焚き火で焙煎するところから始め、焙煎後は、手引きのミルで豆を粗く挽き、焚き火の上でコーヒー豆を煮出すように抽出する。焚き火で焙煎されたコーヒーは、加熱される工程で豆に含まれる油分が多く抽出されるため、豊かな口当たりとコクのある味わいになるという。焙煎具合や、挽いた豆の粗さ、煮出し具合により味わいが異なり、自分好みの最高の一杯に出合えるはず。また、ワイン香るコーヒーに合わせたフードペアリングも体験。3種のスイーツを食べ比べ、コーヒーと食材の相性や、味わいの変化を感じてみよう。甘酸っぱい苺のタルトや、赤ワインジュレが入ったチョコレートとの食べ合わせは、コーヒーに含まれるワインのニュアンスを堪能することができる。また、ほろ苦さや香ばしい味わいをもつキャラメルとクルミのマカロンと合わると、奥深い芳ばしさを味わうことができる。

翌朝は、絶景を望む特等席で美味しい朝食に舌鼓。目的地である、施設から車15分ほど移動した峠の先の「FUJIYAMA ツインテラス」までは、サイクリングの専門ガイドとマウンテンバイクで向かう。新緑が美しい春の森の中を自転車で駆け上がることで、爽快感とともに、自然を間近に感じることができる。普段マウンテンバイクに乗り慣れていない人も、ガイドが自転車選びから準備し、運転までサポートしてくれるため、気軽に安心して体験できる。テラスからは、河口湖や山中湖、富士山の絶景を一望。春は富士山頂上付近に残る雪と新緑のコントラストを楽しめる時期。また、天候条件が揃えば、富士山にかかる雲海を眺めることもできる。ここで味わう朝食は、フルーツや狩猟肉など、地域で親しまれている食材を使用した彩り豊かなメニュー。朝食の始まりには、葡萄ビネガーを使用したさっぱりとしたドリンクで、サイクリングで動かした身体に水分補給を。2 品目は、まだ少し冷える春の朝に身体を温める 9 種類の春野菜を使用したポトフ。富士山麓で獲れる鹿肉のサルシッ

チャとともに味わう。総料理長自らが朝食を提供するため、朝食へのこだわりや地域食材について知ることもできる。朝の澄んだ空気の中で、記憶に残る朝食になりそう。日中は多くの観光客で賑わうスポットも、早朝の特別な時間に絶景を独り占めして、心ゆくまで贅沢な風景を満喫しよう。

 

●おすすめアクティビティ

「コーヒーディスカバリー」

期間:2023 年 3 月 1 日~5 月 31 日

料金:1 名 7,260 円(税、サービス料込)

時間:15:00~17:30

定員:1 日 1 組(2~3 名)

場所:クラウドテラス

 

●「朝霧の富士絶景朝食」

期間 :2023 年 4 月 1 日~5 月 31 日

料金 :1 名 35,090 円(税、サービス料込)

定員 :1 日 1 組(2 名限定)

含まれるもの:サイクリング体験、特別朝食

 

※以下はプラン共通の注意事項です

予約 :公式サイト(https://hoshinoya.com/fuji/)にて 2 週間前まで受付

備考 :仕入れ状況により食材・メニューが変更になる場合があります。

Posted in back number, No.59 | Comments Closed

2023-03-26
花咲く春の高原で、ワインに興じる

リゾナーレ八ヶ岳

スクリーンショット 2023-03-26 11.30.33

標高約1,000メートルに位置する高原リゾート「リゾナーレ八ヶ岳」では、4 月下旬から春の定番イベント「回廊の花咲くリゾナーレ」が始まる。今年は、国内外で花に関するアートや空間デザインを手掛けるフラワーアートユニット「plantica」とコラボレートしたデザインで、ホテルのメインストリート「ピーマン通り」を色鮮やかに彩る。約160m続く回廊を絨毯のように彩る花の装飾に加え、上部にも「風に舞う花びら」をテーマにした装飾が登場。空間全体が花の装飾で彩られたピーマン通りでは、高原の春の訪れを感じられる。ピーマン通りに置かれたキッチンカーでは、花束をイメージした色鮮やかな綿あめ「花咲くコットンキャンディブーケ」を提供。また、大人も子どもも楽しめるクラフト体験が日替わりで登場する。花冠作りに加え、愛犬用の花の首輪作り体験を用意。完成した作品を身につけ写真を撮ったり、華やかな回廊を散歩したり、愛犬とともに楽しめる。また、宿泊プランでは、ワイン好きの大人に嬉しい企画を用意。日本有数のワインの生産地である山梨県、長野県の県境に位置することから、ワインの奥深さ楽しむ宿泊プラン「八ヶ岳ワインデビューステイ」を提供する。このプランでは、環境により異なるワインの味わいを知り、知識を深められる「ワインアカデミー」への参加、ワインとコース料理のマリアージュなどを体験する。宿泊するのは、ワインリゾートを象徴する客室「ワインスイートメゾネット」。室内のワインセラーには、提携ワイナリー「ドメーヌ ミエ・イケノ」のハーフボトルワインを用意している。さらに、ワインに合うおつまみ、ワインの味わいを記録するテイスティングノートも用意。ぜひ、清々しい高原の中で春を満喫して。

 

●おすすめプラン

「八ヶ岳ワインデビューステイ」

 

期間 :2023 年4月 1 日~5 月 31 日 *除外日あり

料金 :1 名 74,000 円~(2 名 1 室利用時、1 名あたり税・サービス料込)

含まれるもの:ワインスイートメゾネット宿泊、ディナーコース「Vino e Verdura」、ワインとテロワールを知る「ワインアカデミー」、テイスティングノート、「ドメーヌ ミエ・イケノ」ハーフボトルワイン、おつまみ、ブランチ、プール入場券

定員 :1 日 1 組(1 組 2 名まで)

予約 :公式サイト( https://risonare.com/yatsugatake/)にて 14 日前までに要予約

備考 :入荷状況によって、料理とワインは変更の場合があります

Posted in back number, No.59 | Comments Closed

2023-03-26
春の海を満喫する、贅沢な大人旅

リゾナーレ熱海

スクリーンショット 2023-03-26 11.26.05

熱海の絶景と良質な温泉に浸るリゾートホテル「リゾナーレ熱海」では、海の街らしいユニークなお花見イベント「海の花咲くリゾナーレ」を開催。伊豆半島は、透明度の高い海水と変化に富んだ地形から、全国最多の約400種海藻が生育し、中でも春が最も種類、量が豊富になるという。広げるとまるで花のように美しい形をしていることから、色鮮やかで美しい海藻を通して春を感じようという企画だ。開催期間の3月11日~5月31日は、ホテル最上階の「ソラノビーチ Books&Cafe」を海中に見立て、押し花のように海藻を乾燥させた「海藻おしば」や最大1mにもなる「海の花ハーバリウム」など、色鮮やかで美しい本物の海藻を用いた装飾で彩る。ここでは、イベント限定のドリンク「海の花クリームソーダ」、海藻おしばでフレームブーケを作る「海の花フレームブーケ作り」といったアクティビティも楽しめる。

また、同時期に体験できる贅沢な宿泊プラン「漁ガールステイ~イセエビ編~」も用意。熱海の現役漁師の協力のもと本格的な漁体験に挑戦し、イセエビを存分に味わう。体験の前日は、漁師から知識を伝授されたスタッフから、イセエビの雄雌の見分け方や脚の本数などマメ知識をレクチャーされる。夕食は魚介中心の会席料理を味わい、乾杯酒の「海風土 シフード 」で気分を盛り上げる。漁本番では、イセエビカラーのユニホームやオリジナル手ぬぐいを身にまとい、力いっぱい網を引く。港に戻ると贅沢な朝食タイムが待っている。獲れたてのイセエビを使って、港で海鮮バーべキュー。まるごと焼いたイセエビを、レモン塩、あおさ塩、ウニのソースなどさまざまな調味料で自分好みにアレンジして味わう。さらに、殻やミソからブイヤベースを作り、米とチーズを入れて仕上げる濃厚なリゾットなど、イセエビを余すことなく堪能する。大人に許された「春の熱海時間」を楽しもう。

 

●おすすめ宿泊プラン

漁ガールステイ ~イセエビ編~

期間 :2023 年 3 月 11 日~5 月 6 日の毎週土曜日から1泊2日

料金 :72,750 円~(4 名 1 室利用時 1 名あたり、税・サービス料込)

含まれるもの:1泊分の宿泊、夕食(和食ダイニング 花火)、乾杯酒、漁体験、オリジナル手ぬぐい、バーベキューセット、レンタルウェア(つなぎ、ライフジャケット、トレーニングウェア)

定員 :2~4 名

対象 :20 歳以上

予約 :7 日前まで公式サイト(https://risonare.com/atami/)にて受付

備考 :天候により中止になる場合があります。乗船中はライフジャケットの着用を義務付けています。

Posted in back number, No.59 | Comments Closed

2023-03-26
百花騒鳴

58. パッション

スクリーンショット 2021-12-30 12.37.02

巻頭で紹介した作家の遥のぶさんは、研究熱心で常に作品の改良を重ねている。新しい作品を拝見する度に、素敵に変化していると感じる。アーティストの情熱は、作品に宿るものなのだろう。我が家にも、1人画伯がいる。中学時代に美術部員であった娘である。ある日、学園祭にて個々の作品を展示することになったという。先輩や後輩の作品が見られる機会とあって、「どんな作品が展示されているのだろう」と楽しみに展示室を訪ねた彼女。展示室の前の廊下から、室内の様子が伺える。遠くからでも、迫力ある作品が目に飛び込んでくる。その中で、ひと際目立つ絵画があったという。乱雑に縦縦縦、横横横と絵筆を動かした後がくっきりと分かる。「何だろう?周りよりも、随分見劣りする作品だな」と思いながら、近づいていった。そして、絵画の下に貼られた名前を見て、愕然とした。なんと、娘本人が描いた絵だったのだ。「うわ!私じゃん。はず~」と言って、その場を跡にしたそうな。美術が得意でないのに、入部してしまった画伯。次の年にも、展示の機会はやってくる。同じ轍を踏むまいと一計を案じた。画用紙を真っ黒に塗りつぶした後、チューブから出したままの濃い絵の具を離れた場所から、黒い画用紙めがけて何度も不規則に投げつけた。鮮やかな色の線や点が不思議な雰囲気を醸す。これを「ユニバース」と名付けて展示した。本当は絵が描けなかっただけなのだが、異才を放つ画伯の作品は、周囲から妙に評価されることとなった。

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございます。次回、薫風爽やかな季節にお会いいたしましょう。

 

Posted in back number, No.59 | Comments Closed