back number

2024-03-24
静岡にちなんだ、おっかない話で初夏を涼しく

百怪談 −静岡おっかない話−

スクリーンショット 2024-03-24 9.00.51

1部は、「チケットの取れない怪談師」と謳われる人気怪談師 城谷歩氏が古典怪談と現代怪談を披露する。古典怪談は、延宝5年(1677年)刊行された怪談集「諸国百物語」より、1巻の1話に登場する「駿河の国板垣の三郎の話」を城谷節で。現代怪談は、静岡で実際に起こった実話を。2部では、城谷氏と薩摩琵琶奏者 丸山恭司氏が、琵琶怪談を披露。静岡県との所縁も深い小泉八雲の「耳なし芳一」を語る。YouTubeや他会場では聞くことのできない、静岡尽くしの怖い話を、ぜひ会場で!

 

 

Profile

⚫︎怪談師

城谷歩(しろたに わたる)

「チケットの取れない怪談師」と謳われる人気の怪談師。YouTubeのチャンネル総登録者数は約15万人に上り、ランキングサイトの「怪談師人気ランキング」において、第1位を獲得するほどの人気ぶり。各種イベント、口演会への出演・開催に加えて、メディアへの露出、怪談本、DVD、CDのリリースなど、活動の幅を広げている。

⚫︎薩摩琵琶奏者

丸山恭司(まるやまやすし)

薩摩琵琶奏者の友吉鶴心氏に師事。タイにて皇太子妃御前演奏、師と共に国立能楽堂にて薩摩琵琶演奏初演。デーモン小暮閣下の邦楽維新に出演するなど多方面で活躍。2017年に東久邇宮文化褒賞受賞。城谷歩氏との息の合った「琵琶怪談」は唯一無二のスタイルとして、全国各地の口演で毎回好評を呼んでいる。

 

===========================

一部:古典怪談「諸国百物語 駿河の国板垣の三郎の話」

現代怪談「静岡の現代怪談」

二部: 琵琶怪談「耳なし芳一」

日時    2024年5月25日(土)11時30分開場 12時00分開演

チケット  前売券 3800円

当日券 4000円

場所    賤機都市山村交流センター「安倍ごころ」

静岡市葵区牛妻2352 内

※車/新東名「新静岡IC」より4.5㎞(7分)  JR静岡駅より13㎞(30分)

駐車可能台数に限りがありますので、乗り合わせてご来場ください

※バス停「牛妻坂下」から、350m(徒歩5分)

 

チケットのご購入 https://t.livepocket.jp/e/shizuoka1

検索バー「静岡 百怪談」

 

協賛    賤機都市山村交流センター「安倍ごころ」

お問合せ

百花壇(株式会社emriki) 054-209-0731

賤機都市山村交流センター「安倍ごころ」 054-294-2501

===========================

 

出店者も募集中!

百花壇の創刊から10年間、これまで編集部が厳選した店舗や企業を紹介してきたことから、「百花店-hyakkaten-」では、過去の掲載店を中心に、「美味しい・楽しい・欲しい」を満たしてくれるショップが集結。このイベントでしか出合えないスイーツや惣菜、とれたて野菜、アクセサリーや小物、生活雑貨、アートのワークショップなど、百貨店を巡るような時間が楽しめる。出展情報は、百花壇公式Instagram・Facebookで随時お知らせ。

只今、出店者も募集中!詳しくは、百花壇編集部までお問い合わせを。

 

日時    2024年5月25日(土)10時~15時

賤機都市山村交流センター「安倍ごころ」

https://www.instagram.com/hyakkadan/

https://www.facebook.com/hyakkadan/

 

Posted in back number, No.65 | Comments Closed

2024-03-24
「また買いたい・また食べたい」に出合える。ココロが豊かになれる場所

「また買いたい・また食べたい」に出合える

ココロが豊かになれる場所

スクリーンショット 2024-03-24 8.56.23

生活・文化雑誌「クロワッサン」から派生して誕生した、生活雑貨の店「クロワッサンの店」。

愛着を持ち、長く使い続けられる「中身のある商品」をバイヤーが丁寧に選んでいる。そのため、長年リピーターが買い続けるアイテムも少なくない。例えば、キッチン用品の「あみたわし」は、使いやすい手のひらサイズで、二重構造のメッシュが、落ちにくい汚れをしっかりかきとる。生地に厚みがあり固く丈夫なため、ハードに使っても長持ちする。水切れが良く、乾きやすく衛生的。買い替える頻度も少なくなるから、エコで経済的。自社ブランドの「LIVING BASIC」も、上質な素材で使いやすく、手ごろな価格を追求している。オンでもオフでも使える使い勝手のいい「気の利く帆布トート」や肌ざわりのいい「正絹シルク100%」のインナーシリーズなど、一度使うと離せない流行に左右されないアイテムがたくさん。そんなこだわりの商品が並ぶ1階フロアから階段を上り2階へ向かうと、そこは美味しい香りの漂う、広々としたカフェ「パブリックマルシェ」が。オープンからクローズまで同じメニューを提供し、ランチやティータイムはもちろんのこと、遅めの昼食や夕方の軽食といった様々なシーンでの活用が可能。人気のメニューは、「パブリックマルシェのデリ・プレート」1,500円。大きなプレートに、季節の食材をたっぷり使った、素材のパワーを感じるサラダや惣菜が6~7種類ものっている。例えば、マッシュルームのサラダ、レモンピールの香りや酸味の効いたカブやエビのマリネ、カレー風味のクスクスとホタテの和え物などバラエティー豊富。これに、自家製スコーンまで付いてくる。外はサクっと、中はしっとりふんわりとしていて、クセになる。スコーン単品は280円。そのまま食べても美味しいが、自家製クリームやクロワッサンの店で購入可能なジャムが付く。カフェでは、不定期で色々なお店が集まるマルシェも開催している。詳しい情報は店舗公式Instagramでチェックを。

 

[ 百花壇読者限定特典 ]

「百花壇」を見たの一言で、2階「パブリックマルシェ」のイートインメニューが全品10%OFF。

期間:4月31日まで

備考:テイクアウトメニューは割引対象外です

 

クロワッサンの店 静岡店

静岡市葵区紺屋町3-5 コスモス第1ビル

054-270-9683

♢1階 クロワッサンの店

営業時間10:00~19:00

定休日なし

♢2階 パブリックマルシェ

営業時間11:00~19:00

定休 水曜

クロワッサンの店公式サイト

https://croissant-shop.co.jp/shop/shizuoka/

クロワッサンの店 静岡店 Instagram

https://www.instagram.com/croissant_shizuoka/

Posted in back number, No.65 | Comments Closed

2024-03-24
高いデザイン力と持続力で、大人女性のリピーター続出

salon de mellow

スクリーンショット 2024-03-24 8.52.59

オープンから9年を迎える、静岡市の鷹匠エリアにある人気のまつ毛専門店「salon de mellow」。昨年9月に同エリア内に移転し、店舗はゆったりと広々としたスペースの中に、5つの半個室を設えた空間へとアップデートした。雰囲気は、以前の店舗のようにアットホームで、気さくなスタッフが対応してくれる。オーナーの北川奈那さんは、スタッフの教育、技術向上に注力し、どのアイデザイナーも確かな技術者に育てている。そのためパーマでは100種以上のロットからセレクトし、一人ひとりの要望や悩み、まつ毛の量や長さ、角度などから総合的に判断して、その人に似合うスタイルを提案してくれる。今、話題の根元の立ち上げに特化したパーマ「パリジェンヌラッシュリフト」と、オーダーメイドのパーマから適した方法を選択。エクステメニューには、2秒で完全硬化し入浴や洗顔もできるLEDエクステを導入。低刺激のため、従来のグルーが苦手という人もチェレンジする価値あり。アイブロウは、専用の糸を使って、骨格や顔のパーツなどから黄金比を割り出し、眉頭・眉尻・眉山など必要なポイントに印を付けていくマップブロウで、もっとも美しい眉に整えてくれる。

人気のメニューは、アイシャンプーや美容液コーティングが付く「パリジェンヌorオーダーメイドまつげパーマ」。理想や悩みを細かくヒアリングし、パリジェンヌの立ち上げデザインや、瞼の厚みを考慮したカールデザイン、束感、メーテルなど本当に似合うスタイルに仕上げてくれる。また、初回限定のお得なセットメニュー「美眉スタイリング+パリジェンヌ」も人気。眉デザイン、WAX、カット、毛量調節、仕上げメイクに、パリジェンヌまたはオーダーメイドまつ毛パーマがセットになっている。

せひ、フォーマルな場面や撮影の機会の増えるシーズンに、本物の技術を求める大人女性のリピーターが絶えないサロンを訪ねてみよう。

 

salon de mellow
静岡市葵区鷹匠2-13-11 トピア鷹匠101

054-269-4875

10:00~20:00(最終受付19:00)

定休日 なし

店舗向いにコインパーキングあり

https://beauty.hotpepper.jp/kr/slnH000313790/

Posted in back number, No.65 | Comments Closed

2024-03-24
64 渇望

64 渇望

スクリーンショット 2021-12-30 12.37.02

「春」という言葉を耳にすると、無性にどこかへ出掛けたくなる。

「春スキーもいいよね~」「行きたいねー」なんて友人と語り合っていた時である。友人があるサイトを見つけて、こう言った。

「カネのナるゲレンデだって」

それを耳にした私は、食い気味に応えた。

「行くでしょ!そこ!」

「なんで?そんなに行きたいの?タダ カネがナるんだよ」

私は熱っぽく続ける

「ただで金が成るんでしょ。行かない理由がないでしょ」

呆れた友人は冷静に訂正した。

「鐘が鳴るんです」

潜在的な欲望は不意に露呈するものである。私の渇望が、ある種の同音異義語を生んでいたようだ。「なんだ~」と苦笑いしながら、急速にそのゲレンデへの興味が失われていくのであった。

 

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございます。

次回は、風薫る五月にお会い致しましょう。

Posted in back number, No.65 | Comments Closed

2024-01-21
ジュエリーに宿る「物語」を受け継ぎ、新たな物語を紡いでいく

&meek

スクリーンショット 2024-01-21 7.59.04

様々な場面で活躍している女性にとって、日常使いできる長く寄り添うジュエリーを提案するジュエリーショップ「&meek」が誕生した。新店であっても、ジュエラーたちは長く宝石に携わってきた経験豊富なプロ集団。代表の櫻田美咲さんは、2007年メルボルンのBox Hill Instituteにて、ジュエリーデザインコース修了し、宝飾へ携わる。以来、顧客対応だけに留まらず、海外買付や外部団体との共同企画など、様々な経験を積み、2022年に同店を創業。また、共同で経営に携わる鈴木廣美さんは、櫻田さんの母であり、半世紀以上に渡り、静岡の宝石業界を牽引してきた伝説的な人物。そんな2人が率いる「&meek」は、高い経験値から、その人のキャラクターやファッションを見極め、本当に使える、似合うジュエリーをコーディネートしてくれる。「宝石のクオリティは高いけれど、使い道がない」ということがなく、日々の中で、さり気なく自分を輝かせるジュエリー出合うことができる。同店では、「そのジュエリーに物語が隠れている」をキャッチコピーに、リノベーションブランド「the seeds」を立ち上げた。ジュエリーを購入した人の思い、作り手の思い、ジュエリーだけが見てきた長い歴史など、 美しいジュエリーに宿る様々な「物語」に寄り添い、ジュエリーと身につける人との絆を新たなに繋ぐ、ジュエリーのリノベーションプロジェクトでありたいという願いが込められている。祖母や母から受け継いだジュエリーなど、そのままでは活用の場を失ってしまったアイテムも、単にフレームなどを新しいものに入れ替えるのではなく、オリジナルのデザインを生かしながら、新たなデザインへと昇華してくれる。大切な思い出が詰まっているけれど、今は眠らせてしまっているジュエリーがあれば、一度持ち込んで相談してみよう(相談無料)。

 

 

♦︎イベント♦︎

「the seeds」リノベーションフェア

期間 2024年2月23日(金・祝)~25日(日)

ジュエリーリノベーションの相談を受け付け、その場で新たなデザインを提供します。

期間中に注文の方には、ジュエリーの中にシークレットストーンをプレゼント!

予約優先のため、事前予約がおすすめです。

 

 

&meek

静岡市葵区七間町6-5 石上ビル1・2階

054-266-7681

11:00〜18:00 (最終入店時間18:00)

定休:火曜・水曜

駐車場:七間町第5パーククラブを利用の場合

来店:1時間のサービス券

購入:2時間のサービス券

※予約優先:電話または公式LINEから、事前の予約がおすすめ

https://andmeek-theseeds.com/

Posted in back number, No.64 | Comments Closed

2024-01-21
資材をつなぎ、新しい価値を生み出す 「エシカルプロジェクト」

atelier Sù アトリエス

スクリーンショット 2024-01-21 8.03.20

地域の資源、文化、技術をデザインの力で結び付け、新たな価値を創造し、世界へ発信する活動を続けている「atelier Sù」では、今秋「静岡発のエシカルプロダクト」を立ち上げた。様々な製品の製造工程で発生する端材を利用して、木、竹、陶磁器、繊維など、地域に根差した自然素材や技術と組み合わせたデザインにすることで、オリジナリティ溢れる作品を生み出している。そのままでは処分されていたパーツたちに、アトリエの代表でありデザイナーの鈴木啓子さんが、新たな姿、役割を与えているようだ。その一つは、小鳥の巣箱をイメージした茶箱のセット。木箱は、ヒノキやクリ、ウォールナットなど家具製作で発生する天然木の端材を利用し、色味や風合いを生かした温もりを感じる仕上がり。中には、鴨をモチーフにした陶器の急須、卵型の湯飲みが納められている。日常使いはもちろんのこと、来客用の茶器やギフトとしても活用しそう。同じ天然木の端材で、3段ラックも製作した。高さと幅の異なるラックの使い道は無数にある。玄関先などちょっとしたスペースに置くことで、素敵な飾り棚に。重ねればコンパクトに収納できる。また、遠州織物の糸や布の端や、障害福祉サービス事業所の作業者が色とりどりの糸で織りあげた布を組み合わせて完成したのは、素朴で可愛らしいティーマット。いずれの作品も、「お茶とクラフトであなたの時間を楽しんでいただく」をコンセプトとしたオンラインストア で購入が可能。3月の展示販売会でも、手に入れることができる。

 

♦︎イベント♦︎

進化系☆四人展

4名のデザイナーによる共同展示販売会を開催!

期間中は真田紐と着物リメイク小物のワークショップも予定しています。

 

期間:2024年3月14日(木)〜17日(日)

場所:静岡市葵区鷹匠2-6-1  GALLERY悠

出展者:atelier Su’ 鈴木 啓子(お茶小物)、創房荻須 内山 あき江(真田紐のアクセサリー)、表装家 神戸 美知子(現代表装)、K’s Remake 竹川 佳須美(着物をリメイクした服)

 

atelier Sù

静岡市葵区瀬名川1-32-16-307

054-340-0345

https://ateliersu-shop.com

Posted in back number, No.64 | Comments Closed

2024-01-21
大人女性のためのセレクトショップ

gioia

スクリーンショット 2024-01-21 8.12.05

一時の流行を追うのではなく、質の良いモノを長く楽しんでもらいたいという思いから、素材やシルエットにこだわって作られた日本のブランドを集める「gioia」。ONとOFF、

モダンとクラシック、カジュアルとフェミニンなど対となる要素をリミックスし進化するスタイルを提案するDOUBLE STANDARD CLOTHINGをはじめ、MANOF、Maglia Plus、COEL、YENN、CHIGNON、ALMなど、作り手の思いがこもったアイテムが並ぶ。自身のスタイル持つ大人女性に選んでもらいたい上質な品ばかり。2月からは、オーナーの崔(さい)さんによるカラー診断のサービスも始まる。「似合う」を探して、ファッションを楽しみ、より輝こうとする女性に寄り添ってくれる。2月にはアクセサリーのPOPUPストアも計画中。詳しくはSNSをチェック。

 

♦︎1月末までは、モニター価格(1,100円)でカラー診断が受けられる

♦︎カラー診断4シーズン

カラードレープを使って、パーソナルカラーを診断。肌・髪・瞳(虹彩)・頬・唇の色など身体色から似合うカラーを割り出します。

所要時間90~120分

料金8,800円

 

gioia

https://www.instagram.com/gioia.1010/

静岡市葵区鷹匠2-16-20 ロイヤルヴェッセルベーラージオ内

定休 水曜(他不定休あり)

駐車場 近隣にコインパーキングあり

10:30〜18:30

Posted in back number, No.64 | Comments Closed

2024-01-21
63.満身が装威

百花騒鳴

スクリーンショット 2021-12-30 12.37.02

今季の気象は、例年と違う。凍えるような寒い日もあれば、汗ばむような日もある。そこに、更年期症状も相まって、不調をきたすことが多々。今号の編集作業中も、頭痛と肩こりに悩まされ辛抱できなくなったために、深夜のリラクゼーションサロンへと向かった。出迎えてくれた人は、大柄な男性。この人なら、きっと私の厚めな脂肪を乗り越えて、ツボまで到達してくれるに違いないと一目で確信した。安心と信頼を抱いて、施術台でうつ伏せになる。背面全体を伸ばすような軽擦から始まる。その時点で、非常に心地よい。大きな手のひらで、丁度いい圧を掛けてくれる。ムダな会話もなく、的確に疲労部位へアタックしてくれる。そんな心地よいまどろみの中で、ふと思い出したことがある。以前見たテレビ番組で、施術者さんが話していた。「私、凝ってるでしょう」というお客さんがいるが、それほど凝っていない。けれど気を使って「そうですね。随分お疲れのようですね」と答えるという。他者からしたら、自分の肩こりは大したことがないのだから、「疲れ自慢」みたいな発言は気を付けようと思ったのだった。本日の私のコリなど、この達人からしたら赤子の手をひねるようなものだろうと思っていた。しかし、しばらくすると様子が変わってきた。「ふ~」っとため息とも、深呼吸ともとれるような声が男性から何度も聞こえてくるようになった。そして一言、呟いた。

「柔らかい部分が一カ所もない」

どうやら、疲れ自慢を気にしている場合ではないようだ。むしろ、私の固まった身体が施術者にダメージを与えている?「おじさん、申し訳ない」と心で呟くも、至極の時間に甘えさせてもらうこととした。十分に達人の指圧を堪能し、清々しい気分で起き上がった時、達人は幾らか年老いてしまったようだった。「ちゃんと、温める生活を送ってくださいね、身体が鎧みたいですよ」という嘆きのようなアドバイスに、「はい。気を付けます。皆さんと同料金ですみません」と一礼した。すっかりリフレッシュできたところで、今年も貫禄のボディで駆けていこうと思う。

 

今号も最後までお読みいただき、ありがとうございます。

本年もどうぞよろしくお願いします。次回は、梅の香りが漂う頃にお会いしましょう。

Posted in back number, No.64 | Comments Closed

2023-11-28
静岡の秘境「梅ヶ島」で唯一無二ののサウナ体験

梅ヶ島ドライブイン

スクリーンショット 2023-11-20 11.02.04

安倍川の源流地である静岡市最奥部の梅ヶ島温泉郷。海抜1000mほどに位置し、周囲を八紘はっこう嶺れい、大谷嶺、山伏やんぶし、安倍峠、十枚山などの名山に囲まれる。秋は、紅く染まる山々、日本三大崩れの一つ大谷崩れ、安倍の大滝、赤水の滝など、自然が作り出す景観に恵まれてる。温泉は、湯治場として古い歴史を持ち、開湯は1700年ほど前と伝えられている。梅ヶ島温泉、梅ヶ島新田温泉、梅ヶ島金山温泉、コンヤ温泉と異なる場所から複数の源泉が涌いている。泉質は、梅ヶ島温泉とコンヤ温泉は単純硫黄泉、新田温泉と金山温泉はナトリウムー炭酸水素泉と二種類に分かれる。アルカリ性のとろみのある、なめらかな肌触りの湯で「美肌の湯」とも言われている。この風光明媚な郷に、新たな名所が誕生した。場所は、10年前まで来訪者の休憩場所として親しまれていた「孫佐島ドライブイン」の跡地。土木建築工事などで静岡の街を支える株式会社アースシフトが、「オクシズ(奥静岡)に新しいスポットを!」という思いで、サウナを完備した宿泊施設とショップを併設した「梅ヶ島ドライブイン」をオープンさせた。

ショップでは、Pearl Street Coffeeが手掛けるスイーツや焼き菓子、特製ハンガーなどの軽食、オリジナルクラフトビールに、梅ヶ島スカッシュといったオリジナルドリンクまで、「静岡」や「梅ヶ島」に因んだメニューが楽しめる。テイクアウトも可能だが、清々しい風の通るテラスで味わうことができる。

宿泊は、1日2組限定だが、2室はコネククティングドアでつながっており、1棟貸しも可能。枯山水庭園のような広々とした庭設えたモダンな和室と、周囲の自然に溶け込むような洋室の2タイプを用意している。各室のこだわりのサウナは、全国のサウナ施設のプロデュースを手掛ける実業家にしてプロサウナー、「ととのえ親方」こと日本サウナ学会理事である松尾大氏がプロデュースした。和室に拵えたのは、庭を眺めながら入浴できる茶室風のサウナルーム。躙り口をイメージした扉をくぐると、部屋の中央には日本ではまだ珍しいドイツのブランドEOSのサウナストーブがあり、上部には静岡茶の入ったヤカンが下がっている。立ち上る湯気と共に広がる茶の香りに癒されながら、たくさんの汗をかいたら水風呂へ。無加温、無加水の冷泉「コンヤ温泉」と15℃の中硬水安倍川の天然水の交互浴が堪能できる。「コンヤ温泉」はpH10.3のアルカリ性でとろみがあり、まるで化粧水のよう。洋室には、サウナの聖地フィンランド生まれの世界的トップブランドHARVIA製の薪ストーブを設置。火力が高く、熱がダイレクトに伝わると共に、梅ケ島産の薪の燃える香りや立ち昇るスモークを感じることができる。こちらの水風呂は、コンヤ温泉と安倍川の天然水を好みに合わせ、混ぜて浸かるハイブリッド水風呂。どちらの部屋も、ここ「梅ヶ島」でしか味わえない、自然の恵みをふんだんに取り入れたサウナ施設に仕上がっている。今後は和室のデイユースも予定中。

 

◎サウナヴィラ

・和室(2名利用の場合1室)

平日      60,000円~

土曜      80,000円〜

金曜・日曜    70,000円〜

 

・洋室(2名利用の場合1室)

平日      50,000円~

土曜      70,000円〜

金曜・日曜   60,000円〜

 

◎食事

夕食・朝食セット

大人/1名10,000円、子供/1名5,000円

【内容】

静岡厳選食材BBQ

梅ケ島産生わさび 一本

静岡のお土産付き

※食材の持ち込み可能

 

◎デイユースサウナ

近日予約開始

11:00~14:00/ドリンク付き

平日 4名まで/20,000円、5名/25,000円

土曜・日曜  4名まで/24,000円、5名/30,000円

 

梅ヶ島ドライブイン&サウナ ヴィラ

静岡市葵区梅ケ島4159-37

新東名 新静岡I.C.から車で約40分

JR静岡駅から車で約60分

054-295-4137

駐車場 あり

ショップ営業時間 平日10:00~16:00 休日8:00~16:00

休日 不定休

Instagram https://www.instagram.com/umegashima_drive_in/

HP https://umegashima-drivein.jp/

Posted in back number, No.63 | Comments Closed

2023-11-28
全国的にも珍しい「自然栽培米」の米ぬか酵素浴

鷹匠酵素浴サロン OHANA

スクリーンショット 2023-11-28 10.14.41

体の冷えは、万病のもと。今年の猛暑から疲れが抜けていないという人は特に要注意。しっかりと芯から温めて、冬の寒さに対する備えをスタートさせよう。体温は1度下がると免疫力は30%も低下し、体温が1度上がると、免疫力は5~6倍に上がると言われる。免疫力がアップし、菌やウイルスに負けない体づくりに一役買うのが、「酵素浴」。体を温め、代謝を促すだけでなく、入浴の発汗では、通常の汗に比べ血液中の老廃物が7倍も出ていると言われ、血液のサラサラ化にもつながるという。健康維持や美容効果を期待する男性、更年期を穏やかに乗り切りたい、いつまでも若々しくいたいと願う女性など、幅広い層から注目を集めている健康法だ。

中でもおススメしたいサロンは、今年6月にオープンした、高級酵素浴「鷹匠酵素浴サロン OHANA」。ここで体験できる酵素浴は、他とは異なる。その理由の一つは、使用している「米ぬか」の違い。「奇跡のリンゴ」で知られる木村秋則さんから直接、栽培の指導を受け、生産から流通までをワンストップで行うNPO法人岡山県木村式自然栽培実行委員会から直接仕入れている。自然栽培米の生産は難しく、全国的にも生産量の少ない中で、同委員会から仕入れたぬかだけで「米ぬか酵素」を製造しているのは、全国でもこのサロンだけ。肥料、農薬、除草剤に頼らない、人と地球にやさしい農法「自然栽培」は、植物や土壌本来の力を生かした栽培のため、微生物の量が多く、酵素も豊富という特徴があるという。この自然の力をたっぷりと吸収した新鮮な米ぬかを、自家製の種菌で発酵させている。発酵のパワーも強く、一般的な米ぬかに比べ短時間で発酵し温度が上がっていくようだ。フレッシュな米ぬかの中で、活きのいい酵母が活性している浴槽は、驚くほど臭いが少ない。自家製の米ぬか酵素の開発に取り組んできたオーナーの大下恭子さんは、「新鮮な肉や魚って、臭みが少ないでしょ。それと同じです。鮮度のいい米ぬか酵素は、ほとんど臭いを出しません」という。また、月に1~2度、全て新しい材料と入れ替えることに加え、企業秘密の防臭対策も行っている。入浴後も特有の臭いが残ることがない。仕事終わりに立ち寄り、電車やバスなどの公共交通機関で帰ることも、飲み出かけることも心配不要。「一度で違いが分かる」米ぬか酵素浴を、あなたの体で体験してみて。

 

鷹匠酵素浴サロン OHANA

静岡市葵区鷹匠2丁目16-18 ジオグランツ鷹匠1階

090-5495-0004

14:00〜20:00(完全予約制)

定休 水曜

駐車場 近隣にコインパーキングあり

Posted in back number, No.63 | Comments Closed