No.30, 最新号

2018-05-17
見目麗しく、食して美味

崇月02

崇月

市街地でありながら静かな小路に、薄明りが誘う一軒家がある。創業10年を迎える日本料理店「崇月」。客室は全て個室タイプで、他を気にせずプライベートな時間を過ごせる。出迎える姿勢が、とても気さくで笑顔の対応が心地いい。それ故に、常連に慕われ、長く通う人も多い。その和やかな雰囲気が店全体を包んでいるため、店構えに気負うことなく料理を楽しめる。昼は3,240円の三段重を用意。重箱の中には、絵巻のように繊細で色彩鮮やかな崇月の世界観が詰め込まれている。一重ごと季節の素材を先取りした、手間をかけた料理が30品ほど。宝箱を開けるような高揚感を味わうとともに、一品ごとに異なる風味に感動を覚えるはず。夜は6,480円から。前菜の盛り合わせから始まり、水菓子まで計8品。昼とは一味違う、贅の品々。前菜の一口サイズの料理でさえも、素材を吟味し工夫を凝らし、食べ手に驚いてもらいたいという親方の心意気が伺える。夏に向け、アユやハモもコースに登場する。

Posted in No.30, 最新号 | Comments Closed