No.34, 最新号

2019-01-01
清々しさと温もりの新畳 親子三代で紡ぐ、畳づくりの伝統

新海09

株式会社 新海畳店

天然い草の爽やかな香り、直線の美しさが際立つ目、ピシリと整った縁…新たな畳表は、清々しい気分にしてくれる。これからの一年のために、畳表の裏返しや、表替えなどで部屋をリフレッシュしてみては?

「新海畳店」は、親子三代で確かな技術を継承する、畳を知り尽くした職人集団。会長の新海敏幸さんは、伝統技法を大切にしながらも、測定方法を尺貫法からメートル法に変革し、オリジナルの畳製造機械の制作に携わるなど、先進的な活動を続けてきた。息子である社長の亘広さんは、神社仏閣の畳替や、海外でのデモンストレーションなどで、技術の高さを各方面で披露している。孫の孝高さんは、京都畳技術競技会で4連覇をするほどの腕前で、祖父、父を支えている。在籍するスタッフも技術の高い職人ばかり。畳に関する知識や手縫いの技術が優秀と認められる、限られた職人しか与えられない一級畳制作技能士が4名、若手実力者の二級畳制作技能士が1名いる。そんな優れた職人たちが、一枚ずつオーダーメイドで仕上げてくれる。

オーダーまでの流れは、連絡を入れると、採寸、畳の現状確認に出向いてくれる。張替るか、新調するかを相談し、プランを確定。作業日は、家具の移動なども行ってくれ、1日ほどで作業が完了する。縁付き、縁無し、床暖房用、薄畳など種類も多く、畳表のグレードにより価格は変わるものの、表替は1枚8000円~、新畳は10000円~。

Posted in No.34, 最新号 | Comments Closed