No.47, 最新号

2021-03-13
春を詰め込んだ、独創的なフレンチ

旬輝

旬輝

地元の有機野菜や、持続可能な漁法で捕られた魚介、ストレスをかけずに仕留めるジビエ、整った環境で育った畜産物など、妥協のない食材選びで、県内の良質な食材を集める、フレンチレストラン「旬輝」。静かな住宅街に建つ邸宅スタイルのレストランには、周辺に住まう食通たちが、足しげく通う。ランチは3,000円から、ディナーは5,000円から予約を受け付けている。また、レストランの味を、自宅で味わえるテイクアウトメニューも人気。コースで提供するメニューを詰めた「彩り弁当」は2,500円。入荷食材によりメニューが変わるが、例えば浜松市の杉山ナッツのピーナッツバターを加えたフキノトウ味噌を付けて味わうイサキのポワレ。メダイや、タラの芽、コゴミ、ノビルなど採りたて山菜のフリット。南マグロの大トロのパネグリエなど、満足度の高い内容。「ハンバーグ弁当」は、魚料理や魚介のフリットなどを詰めた贅沢な内容で2,000円。さらに、旬の素材を使った「季節のロールケーキ」も用意。3月~4月は「サクラ」。ケーキをサクラ餅に見たて、塩漬けの桜葉や桜花、サクラのペーストを練り込んだ生地の中に、サクラ風味のクリームと甘酸っぱいイチゴが包まれている。テイクアウトメニューは、いずれも前日までに予約。店舗でも、自宅でも、手間をかけた旬の味を楽しんで。

Posted in No.47, 最新号 | Comments Closed