No.42, 最新号

2020-05-21
安心と真心の詰まった常備食

かもめ屋

株式会社 かもめ屋

他とは一味違うと評判の「かもめ屋」のツナ缶は、会長である色本幸代さんが、漁師の息子であるマグロ好きの夫のために開発したもの。愛する人を思って生まれたツナ缶は、いつの時でも食べる人への誠意と愛情を大切に作り続けている。長期保存しても安全な容器をいち早く採用し、国内工場で加工されたマグロ、契約栽培の野菜のスープ、一番搾りの菜種油(遺伝子組み換えでない)、赤穂の天塩と、材料は全て安心できるものを厳選。缶の中で熟成が増し、時間と共に旨みが濃くなっていく。常温で3年保存が可能なので、常備品としてストックし、肉の変わりに日々の料理に使ってみては?例えば、好きな野菜と煮込んでツナカレーに、ほうれん草とあえてパスタに、肉じゃがや豚キムチをツナに替えてみても美味。特別なレシピではなく、いつもの肉料理をツナに替えるだけで、ヘルシーな一品のできあがり。

Posted in No.42, 最新号 | Comments Closed