No.47, 最新号

2021-03-13
大航海時代のロマンを感じる船旅を

アンジン1

星野リゾート 界 アンジン

「青い目のサムライ」と呼ばれた英国人航海士ウィリアム・アダムス、日本名三浦按針ゆかりの地に建つ温泉旅館。館内は、いたるところに海や船旅にまつわるアートを取り入れた、スタイリッシュな空間が特徴。全室オーシャンビューの客室は、かつて航海で使われていた舵や櫂などを取り入れた、海へのロマンをかきたてる船旅仕様。ローベッドとソファを設えた快適な空間で、海上にいるような航海気分が味わえる。英国のエッセンスを加えた特別会席では、ブイヤベース鍋が供される。具材には伊勢海老、金目鯛、あさりなど。出汁の旨味、魚の旨味を存分に味わえる一品。アーティスティックな半個室で、ゆったりと海の幸を心ゆくまで楽しめる。最上階に位置した大浴場からは、青く広がる太平洋を一望。男女それぞれにみかげ石の内風呂と岩造りの露天風呂を備え、朝日に光る水面やグラデーションに染まった空と海の景色は外せない絶景。時間とともに移りゆく眺めを堪能できる。湯上がりには、甲板をイメージした「サンブエナデッキ」で海風にふかれながら、昔、航海のお供と言われていたクラフトビールを一杯。

Posted in No.47, 最新号 | Comments Closed