No.40, 最新号

2020-01-11
伝統工芸士が丁寧につくる、一点モノのお雛様

夏02

人形工房 にんぎょっ子

静岡は、雛人形、雛具の名産地であることをご存じだろうか?毎年、品質の高い雛人形を全国へと届けている。なかでも人気工房「にんぎょっ子」は、駿河雛人形伝統工芸士である竹扇と春泉の夫妻が、全行程を手仕事で一体ずつ仕上げている。小さな姿の中に、高い技術、色柄合わせのセンスが詰まっている。最上級シリーズの「朱雀」は、実物の着物と同じように衣裳を仕立て、リアルな着付けの様子を再現している。しなやかで優美な曲線、質感が楽しめる。愛らしい顔とふくよかな体型の「おぼこ雛」シリーズ。ちょこんと投げ出した足が、今にも動き出しそう。新作「夢想花-夏-」は、夏の夜をイメージ。お雛様の白袴、お内裏様の水色の衣装の組み合わせが涼やかな作品。狭小スペースにも簡単に飾れ、コンパクトに収納できる「こつぶちゃん」シリーズは、りんごやいちごなどフルーツをモチーフした小さくかわいらしい作品。淡い紫がテーマカラーの「ぶどう」は、可憐な和柄の宝箱に入れて収納ができ、蓋を開いて、そのまま飾りつけられる。この他、平安絵巻のように妖艶な「春のおぼろ」シリーズ、自然な立ち姿に技術の高さを感じる立雛「立太子」シリーズなど、一点モノのお雛様に出合える。また着物の色合い、ポース、調度品など完全オリジナルのオーダーメイド雛も制作可能。

Posted in No.40, 最新号 | Comments Closed