No.33, 最新号

2018-11-11
上質な眠りが、明日の体調を作る

フランスベッド15

フランスベッド静岡ショールーム

来年で70周年を迎える「フランスベッド」。質の良い眠り=健康づくりという観点から、眠り、寝室環境を長年に渡り研究。日本人の骨格や体型、気候に合ったベッドや寝具を追及し続けている。その研究から生まれたのが、「高密度連続スプリング®」のマットレス。一本の鋼線を連続して編み上げることで、高い安定性を発揮、体圧を曲面で受け止め、自然な寝姿勢を保つ。自然な寝返りもサポートすることで、睡眠の質を向上させる。

そんなフランスベッドの製品を試せるショールームが、静岡県内に誕生した。160坪以上ある広々とした店内に、機能や構造の異なる45種ほどのベッドが並ぶ。

中でも注目したいのは、国内初となる女性向けの美しくなるベッドシリーズ。植物由来の繊維「リフレス®」が、眠っている間に、しっとり肌に潤いを与えながら、余分な湿気をコントロールしてくれる。同繊維を使用した、掛け布団カバーやマットレスカバー、ピローなどの寝装品も揃い、トータルで潤いを保つ眠りをサポートしてくれる。この他、JR東日本が誇るクルーズトレイン「四季島」に採用されたマットレス、TRAIN SUITE四季島モデルや、医療・介護の分野で培った技術を生かし、眠る人の快適性を高めた電動リクライニングベッドなど、多彩な製品を試すことができる。価格帯は10万円以下のリーズナブルなモデルから、100万を超える最上級品まで、幅広く揃っている。

Posted in No.33, 最新号 | Comments Closed