No.25, 最新号

2017-07-09
一本の糸から 豊かな暮らしを編む

アンドウール20

AND WOOL(アンドウール)

空気が澄み、小鳥のさえずりに心和む場所に、国内外から注目を集めるニット&テキスタイルデザイナーの村松啓市氏が開くショップがある。「日々の暮らしに溶け込む手芸、物作りの楽しさ、手作りの品が持つストーリー」に触れて、見て、感じてほしいという思いがカタチとなった場所。リネンやウール、コットンといった自然素材の色とりどりの糸玉が並び、広くシンプルな空間のインテリアとなっている。これらをはじめ、編み道具やレース、ビーズなどのパーツ素材も販売している。奥では、糸を紡ぐ機械や編み機の動く様子が見え、実際にストールを作るなどワークショップにも参加できる。30~40分で完成するベルギー産リネンのストールは5400円。大切な人へのプレゼントとして作成する人も多いという。自分で作るのは苦手…という人には、完成品の購入も可能。

また素材の優しさと、纏うことで気持ちが和らぎそうな自社ファッションブランド「everlastingsprout」も魅力的。このスタジオ以外にも、藤枝市「PESCEVINO」、掛川市「kine」でも取扱いがある。また、8月9日(水)~21日(月)には、銀座三越7階グローバルメッセージにて、ポップアップを開催する。

Posted in No.25, 最新号 | Comments Closed