No.39, 最新号

2019-11-14
ノスタルジックな時が流れる。毛糸と珈琲の店

秋山-16

秋山毛糸店

いまでは数少なくなった毛糸店。年季の入った店舗は、とても懐かしく温かい気分になれる。木製の陳列棚には、ちょっと珍しいシリーズも。KFSのオパール毛糸は、一本の毛糸をメリヤスで編み進めるだけで複雑な模様が出来上がる。ソックスやネックウォーマーなど、カラフルなアイテムが完成する。この他、肌触りのいい希少なベビーアルパカなど、1玉300円~1,500円程度のものが並ぶ。その対面には、カフェスペースが。市内で評判の焙煎士たちが作る、美味しいコーヒーが楽しめる。店内では月に1度、ワークショップを開催。コースターやエコたわしなど、テーマを決め半日程度で作品を完成させる。少人数制なので、編み物の基礎がしっかりと学べる。11月はネックウォーマーに挑戦する予定。詳しくはSNSで告知する。

Posted in No.39, 最新号 | Comments Closed