No.34, 最新号

2019-01-01
お直し、仕立ては「辻村」へ 大切な着物を甦らせる、一級和裁士の技

辻村10

着物仕立て・お直し 辻村

105年の歴史を持つ「着物仕立て・お直し 辻村」。全国でも珍しい和裁の専門学校を併設する。そのため、全国でも有数の規模の和裁士が集まり、難関の国家資格である「一級和裁士」の資格を持つ専門家が多数揃う。レベルの高い技術が評判を呼び、全国から、仕立てやお直しの依頼が寄せらせる。依頼の内容は様々。祖母や母の着物を、娘のサイズに直して欲しいといった、裄などの寸法直しは、6000円程度から。胴裏や八掛が傷んだなど、裏地を交換する場合は13000円から。古い着物に芯を入れて帯に仕立てたり、大人用の着物を七五三の祝着に仕立て直すこともできる。反物や古い着物を用意すれば、オリジナルの着物や、帯、羽織などの制作を依頼することも可能。特に、着物用コートは、洋裁の技法を必要とする高度な技術が要求されるが、それこそが同社の得意とする所。特殊なコートでも、全て手縫いにこだわり、美しく仕立ててくれる。依頼したい場合は、電話または来店にて、和裁士と相談、着物の状態などを見てもらいながら、お直しのプランを考える。預けてから約1ヵ月程度で、完成する。見積り、相談は無料。箪笥の中に眠る着物で気になるものがあれば、お直しが可能なうちに、一度相談してみよう。

 

Posted in No.34, 最新号 | Comments Closed