back number

2018-05-17
簡単に作れるキュートなインテリアから 緻密さが美しい精巧な模型まで

ウッディジョー12

株式会社ウッディジョー

「模型」という言葉に、難しくコアな趣味だと感じる人もいるのかもしれないが、近頃の模型は少し様子が違う。初めてでも、専用の道具がなくても気軽に作れ、室内を彩るインテリアとして楽しめるものが増えている。例えば数時間で完成できる小さなログハウス。中に照明を取り付けると窓からほんのり灯りがこぼれて、可愛らしい。この「あかりシリーズ」を開発したのは、模型好きな人なら誰もが知る、日本唯一の木製帆船模型メーカー「ウッディ ジョー」。ヒノキや黒檀、紫檀など天然木を中心とした素材を使い、熟練職人の丁寧な手仕事と、精密機械による正確な形成を組み合わせ、味わいのでる模型キットを製造している。常に設計の改良を重ね、作りやすさにもこだわる。部品を紛失しても、パーツを買い足すこともできるから、安心。慣れてきたら、大物にも挑戦してみよう。実存する建築物や、船舶、飛行機など、細かなディテールも忠実に再現したキットが多数。今年の父の日のギフトには模型キットを贈ってみては?

Posted in back number, No.30 | Comments Closed

2018-05-17
百花騒鳴

百花騒鳴

29.憧れ

私には、元来憧れる踊りがある。ベリーダンス、阿波踊り、そして…どじょうすくい踊り。今回は旅企画で島根県の出雲、松江を訪ねたが、どじょうすくい踊りの本場、安来市もまた島根県なのである。旅のスケジュール調整の最中、私は邪な考えを巡らした。予定の撮影取材が終了すれば、憧れの踊りが鑑賞できる「安来節演芸館」へ迎えるのではないかと。同行するカメラRとともにYouTubeで予習もした。踊ってみたりもした。
いよいよ旅本番、順調に取材が進んでいく。これは、チャンスか?!公演が始まる時間に間に合うか。ハラハラしながら仕事を終え、安全運転で急ぎ会場へ。息を切らし、会場へと滑り込んだ。平日とあって、客席の人はまばら。我々は後方に陣取った。しばらくして司会者がステージに現れた。上演中の注意事項を説明した後、こう言った。
「お客様の中から5名、ステージで一緒に踊っていただきます」
こんなチャンス、そうそうない!どじょうすくいの殿堂で踊れる。例えるなら、ヴァイオリンを習い出した初日に、カーネギーホールに立つようなものである。羞恥心を抑え込み、張り切って挙手した。Rは、仕事を終えたはずの一眼レフカメラを、おもむろにバッグから取り出し、ニヤリとした。私は、絣の着物を羽織り、豆絞りの手ぬぐいを頭に巻き、ビクを腰につけ、お決まりの銭を鼻に付けた。そしてスポットライトの当たる花道を、中腰で進んでいった。さっきまで後方にいたはずのRが、カメラを構えてステージの真下まで来ている。彼女の表情は、スクープを狙うかのごとく真剣である。ならばこちらも!と、恥じらいを捨て、どじょうすくいの真剣勝負と相成った。熱のこもった踊りの様子は、私だけが満足するアルバムとして大切に保管している。

最後までお読みいただきありがとうございます。
おかげさまで今回5周年を迎えることができました。
これからも、皆様に楽しんでいただける百花壇を目指し精進してまいります。
どうぞ末永く宜しくお願い致します。

Posted in back number, No.30 | Comments Closed

2018-03-10
「どこにもない」が、ここにある

グリーンビレッジ08

Green Village

魔女の館?!と来店した人から質問されることがあるという独創的な空間は、生花や自家製ドライフラワーなどを販売するフラワーショップ。店内の各所に、個性的な花々がアーティスティクにディスプレイされている。「他にはない。私の好きなものを集めました」というオーナーだが、アレンジを作るときは、オーダーした人の思いをくみ、ただリクエストに応えるだけでなく、その人になり切って作品を仕上げてくれる。一つひとつに思いのこもったオリジナルのアレンジが生まれるのだ。また、価格以上の価値を感じさせるボリューム感も魅力。「わぁー!」と驚いてもらいたいから、見ごたえにもこだわるという。

例えば、母の日は両手いっぱいに抱えるほどの、ハートにかたどったカーネーションのアレンジはいかが。このボリュームで7000円ほど。この独特な世界観を習得したいという人向けに、ワークショップや各種レッスンも開催している。フラワーアレンジメントコースは、毎月第1.第3木曜、10時30分~11時30分と19時30分~20時30分。1回4000円、6回コースは1回3500円。

Posted in back number, No.29 | Comments Closed

2018-03-10
腕利きシェフが作る、気さくなビストロ料理

キャトルプレジール03

キャトルプレジール

オープンから15年。平日は仕事帰り立ち寄るビジネスパーソンが、週末には食事を楽しむファミリーが…幅広い世代に愛されている。皆がにこやかに、料理と酒に酔いしれている時、厨房ではひたすらに調理に没頭するオーナーシェフ小澤さんの姿が。小澤さんは、都内のフレンチや日本料理で研鑚したのち、「誰もが気軽に通える店を」という思いから、ビストロというスタイルで、この店をオープンさせた。肩ひじ張らない居心地のいい空間で、渾身の料理が味わえるのだから、客足が絶えることはない。

春浅い時期に美味しいのは、新タマネギのロースト レモンバターソース。新鮮なタマネギを丸ごとじっくりと蒸焼きにして、甘さとコクを引きだす。温かいレモンバターソースをとろりと回しかければ、白ワインとよく合うオードブルとなる。真空調理で中は柔らかく、皮目はパリッと仕上げたカモ胸肉のローストも必食。肉の食感が楽しめるように、あえて厚くカットした身は、噛むほどにジューシーな肉汁が口に広がる。種類も豊富で、料理に合わせ、フランス産のワインを中心に50種ほど揃えている。パーティーコース(4名~)は、3,240円から用意(飲み物別)。

Posted in back number, No.29 | Comments Closed

2018-03-10
我が家の表情をワンランクアップさせるエクステリア

あすなろガーデン02

有限会社 あすなろガーデン

快適な暮らしとは、室内空間だけにとどまらない。玄関にたどり着くまでのアプローチも、しっかりと環境を整えることが、本当の「快適」を手に入れるカギとなる。静岡中部エリアで、多くの施工例を持つ「あすなろガーデン」は、門や塀、カーポート、植木などエクステリアの空間演出を行うプロ集団。豊富なエクステリア資材や多様な工法の中から、施主とのヒアリングや、家屋が持つ個性に合わせ、機能性とハイセンスを合わせ持つ、プランを提案してくれる。

例えば、築年数の経過した家屋。味わいの増した外観と自然に融合するように、カーポートとゲートをリフォーム。車数台が駐車できる大きなカーポートと、門から玄関へのアプローチを一体化し、空間のつながりや統一感を印象付ける。日暮れになると、LEDライトが灯り、立体的でニュアンスのあるエントランスへと表情を変える。

大掛かりな施工はもちろんのこと、半畳ほどの小さな坪庭もプロデュースしてくれる。「駐車場の脇の小さなスペースを、オシャレに変化させたい」など、外構に関わる相談であれば、どんなことにも相談にのってくれるので、まずは気軽に問い合わせを。

Posted in back number, No.29 | Comments Closed

2018-03-10
何十年後も惚れ惚れする家

丹澤建設53

有限会社 丹澤建設

神社仏閣の建築から日本家屋、古民家再生、リフォームなどを手掛ける、宮大工集団「丹澤建設」。伝統の技法、手入れの行き届いた昔ながらの「道具」、長年培った「技」、あらゆる状況を読む「勘」、それらが揃って初めて、美しいと称される建築が生まれる。華美ではなく、本質を捉えた機能美、伝統美であるため、長年使い続けるほどに、味わいが増し、住まう人の愛着も育つ。

住宅の建築を依頼した施主は、「丹澤さんの見事な仕事ぶりは、屋根を見ればよく分かる。図面には起こせない、勘と繊細さが要求される複雑な造りを、簡単そうにやってしまうから舌を巻くよ」と絶賛する。

Posted in back number, No.29 | Comments Closed

2018-03-10
生花のように楽しむプリザーブドフラワー

スノーグース07

Snow Goose

「大人かわいい」をコンセプトに、気品のあるプリザーブドフラワーの作品を販売している「スノーグース」。まるで生花のアレンジのような、立体的で動きを感じる作風が特徴。ケースから出し、直接室内に飾ることで、生き生きとしたアートが楽しめる。店内に並ぶアイテムは2000円程度からあり、とてもリーズナブル。予算に応じてフルオーダーも可能。随時レッスンも受け付け中で、今年の「母の日特別レッスン」は、バラやガーベラ、カーネーションを用いたアレンジを作成する。4/26(木)~29(日)の12時~18時まで開催(好きな日時を10日前までに電話予約)。3500円と5000円の2プランがある。

 

Posted in back number, No.29 | Comments Closed

2018-03-09
百花騒鳴

百花騒鳴

28. 白シャツ

卒業証書の筒を片手に、少し誇らしげに歩く学生たちを見る季節。オバサンだって、センチメンタルな気分になるもの。昔々の高校生活を思い出したりもする。昨日の夕飯をすぐには思い出せないが、昔の記憶は、美化というフィルターを通して鮮明に蘇る。

ある日の教室での出来事。後ろに座る友人が、私の襟の後ろを触りだした。驚いて「何?」と聞くと、

「あんたのブラウス、ユニークなデザインなんだね~」と応える。

当時通っていた高校は、推奨のブラウスがあるものの、白いシャツであればおおよそ許されていた。私も周囲に倣って、お気に入りのブランドのシャツを親にせがんで買ってもらっていた。けれど、驚かれるような突飛なものではないはずだ。

「どういうこと?」と私。

「だって、タグが後ろ側に縫い付けてあるよ。ブランドのマークが首に付いてるって、オシャレだな~と思って…」

一瞬、彼女の言うことが理解できなかった。そんな不思議なブラウスは、持っていない。彼女が触っていた襟を、自分でのなぞってみた。それは…内側にあるべきタグだったのである。

お気づきかも知れないが、私のその朝、裏返しのままシャツ着て、何の違和感も持たず、全てのボタンと留め、ご丁寧にネクタイまでして、登校したというわけだ。

あれから、うん十年。今では、ショーツが裏返っていても気づかずに、一日を終えることがある。

 

今回も最後までお読み頂きまして、ありがとうございます。

次号、皆様のおかげで迎える5周年記念30号でお会い致しましょう。

Posted in back number, No.29 | Comments Closed

2018-01-05
日常の時間を楽しくするモダンな日本茶

鈴和01

茶屋すずわ

創業170年を迎える老舗茶問屋「鈴和商店」が運営する「茶屋すずわ」では、長年培った伝統の合組(ブレンド)技術を生かし、現代のライフスタイルに合わせた日本茶を製造販売している。「お茶にまつわる、時間や空間…、アイテムをまるごと楽しんでほしい」との思いから、茶葉だけでなく、急須や器といった茶器の販売も含め、嗜好品として楽しむお茶スタイルを提案している。人気シリーズ「いつものとき」は、キリっと渋味のきいた「めざめのお茶」、マイルドでスイーツとの相性の良い「おやつのお茶」、低カフェインでクリーミーなほうじ茶「おやすみのお茶」の3種を用意。いずれも1缶1080円。気軽に楽しめるティーバッグは、3g×10個 1080円(缶入り)。

 

Posted in back number, No.28 | Comments Closed

2018-01-05
デザインも快適性も妥協しない、夢をカタチにする家作り

デザインワークス17

株式会社デザインワークス

静岡の地で家を建てるとしたら、気になるところは耐震性。大きな揺れにも、津波にも耐えうる丈夫な家にしたい。そこで候補にあがる工法に、RC(鉄筋コンクリート)造がある。ひとえにRCといっても、幾つかの工法がある。一般住宅で多く使われているのが、建物をコンクリートの面で支える「壁式構造」。パネル化されたコンクリート壁をボルト等でつないで組み立てる工法と、現場で型枠を組みコンクリートを打ち込む工法がある。後者の場合、壁や基礎にはつなぎ目がなく建物が一体化するため、耐久・耐震性に優れる上、デザイン・プランの自由度が高くなる。静岡で、この工法を取り入れる数少ないメーカーに「デザインワークス」がある。創業年数の若い企業だが、RC住宅の特性を熟知した経験豊富なスタッフによる妥協のない家づくりを目指し、施主の思いを具現化する提案力とデザイン性によって大きな成長を遂げている。

撮影にお邪魔した一軒は、幹線道路の側にある重厚な3階建て。まず、壁の厚みに驚く。コンクリート壁に断熱材が一体化しているため空気の対流部分を作らない。そのため、結露のない高断熱で、防音、強度に一層優れた構造になっている。玄関に入ると、外の騒音がピタリと止む。家主に話を聞くと、「以前暮らしていた家と、快適さが違う。夏涼しく、冬に温かい。間取りやインテリアにも、とことんこだわり、自由な選択ができたため、非常に満足いく住まいになった」という。家を建てようとするとき、案外選択肢が限られ、妥協を余儀なくされることもあるが、「デザインワークス」の壁式RC工法は、一から作り上げ、「夢」がカタチにできる。妥協のない住まいを求める人は、一度話を聞いてみよう。

 

Posted in back number, No.28 | Comments Closed